アラサー(の妹)、家を買う〜その3:内見へ〜

スポンサーリンク
マイホームのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まらを、ダメ出しされる

家探しが始まったわけですが、この時のまらをは
中古戸建の可能性を諦めきれず
師匠の教えをガン無視して中古物件ばかり見ていました笑

中古の方が安くて良い家が買えるのではという固定観念があったんですよね。

SU●MOで良さげな物件をひとつひとつじっくり見つつ、
見に行ってみるか……と思える物件を師匠に送りつけると
普通に叱られました

師匠
師匠

これ中古だよね?
確かに庭は広いけど築年数経ちすぎで住宅ローン減税狙っていけないよ!
しかも擁壁地じゃん!?
一体何を見てたの!?

言い過ぎじゃんと思いつつ抵抗するまらを。

まらを
まらを

だって内装も外装もステキなんだもん!
住宅ローン減税を捨ててもここに住みたいと思ったんだもん!

師匠
師匠

住宅ローン減税を捨ててく意味がわからない。
それにリフォームのこと考えるほど手持ちがないんだから、
築深中古はありえないよ。

とにかくこの物件はダメだからやり直しね。

師匠はスパルタです……。

ところで、と師匠は言います。

師匠
師匠

駅距離と庭の広さ、捨てるならどっち?

やっぱりどっちも取っていくのはムリだと思うよ。

考えること数秒。

駅近は便利だし魅力たっぷりです。
不動産を所有するなら立地の良さを重視するのはごく当然ですよね。

ですが妥協することにしました。

まらをの妹
まらをの妹

庭が広いおうちがいいな

なぜなら妹の圧が強いから……!

庭の広さを捨てることはつまり
自分の命をも捨てかねない選択です。

まらを
まらを

駅距離は諦めます……

師匠
師匠

よくぞ言った

妹はリモートワークなので、駅距離なんて痛くも痒くもないんですよね。

まらをの選択により家選びの幅が広がったらしく、師匠は水を得た魚のように元気に。
ややあって数件の新築戸建を紹介してくれました。

紹介された物件の立地と価格はこんな感じ。

  • 東京都八王子市/最寄駅までバス5分/2,030万
  • 埼玉県鴻巣市/最寄り駅まで徒歩23分/2,000万
  • 埼玉県鴻巣市/最寄り駅まで徒歩23分/2,040万

師匠!?
小田急沿いって意味わかる!?!?

師匠
師匠

ごめん、そこも諦めてね

師匠……!!!!

そして内見へ

週末になり、早速まらをたちは内見へ旅立ちます。

ちなみに数日で八王子の物件は売れてしまい、
見に行けるのは鴻巣市にある2件の物件のみ。

道すがら、師匠が言うには
「もう神奈川は安く住めない」とのこと。

千葉もしくは埼玉がおすすめだそうで、
千葉はまらをたちが断固拒否したため消去法で埼玉になったわけです。

千葉は地元なんで戻りたくなかったんですよね……

ちなみにこの内見で、人生ではじめて埼玉県へ上陸することになりました。

師匠
師匠

初めて来る土地に住もうとするって度胸あるね笑

アンタが紹介してきたんだろ!
本当は小田急沿いが良かったのに!

でも埼玉、すごく良いなって思います。
抜群のアクセスですし、発展している主要都市も多いですし
何より地盤が強い。

この時も乗り換え地点である大宮駅のデカさに興奮しました。
乗り換えの時には絶対迷子になるなとも思いました。
なんならこの日も迷いました。

さて、この日に内見した2軒の物件は
外装も内装もコピペしたかのようにクリソツな作りで
庭の広さが若干違うかな程度。
なので個別の説明は端折らせてもらいます。

というわけで到着したまらをたちは

これが戸建のデカさ!
新築の美しさ!
庭もかなり広い!


と、物件を前に興奮するのでした。

内装は白を基調とした、最新トレンドのオシャレなおうち。
階段やトイレに手すりがついていてバリアフリー化されており
24時間換気口なども付いています。

正直、手すりも換気口も要りませんけど。

師匠
師匠

これは「フラット35S」の要件を満たすために付いてるんだよ。

師匠が用意してきてくれた物件の資料を見ますと、
確かに「フラット35S」に対応しているとの記載が。

「フラット35S」というのは、
住宅の省エネ性や耐震性などの基準を満たした場合、
フラット35の金利から更に
当初10年間は引き下げが行われる住宅ローンのこと。

更にこの物件は「すまい給付金」も受給できるように施工されているようです。
すまい給付金は物件購入後に申請をすると、所得に応じてウン十万もらえるというもの。

なんで家買うとこんなにお金もらえたりお金が返ってきたりするの?
という説明は、また後日したいと思います。
とりあえず、家買うとお金もらえるんですよ。

さて他の設備はというと、
システムキッチンはさも当然のように付いていて
TVモニター付きのインターホン、ウォシュレット、浴室乾燥機は完備。
床下収納もあり、防犯・防音性の高いペアガラスとなっております。

今まで安い賃貸物件を転々としてきたので、
設備が充実してても使いこなせるのかなコレ……というのが正直な感想です笑

しかし内見というのは不思議なもので、
実際に見に行ってみると欲しくなっちゃうんですよね。

とは言っても2,000万です。

35年のローンです。

諸費用もぶっ込んでいくので、実際にはもっと高いです。

引越し費用だとか、
ちょっとした工事(テレビアンテナつけたり、エアコンつけたり)も発生します。

職場も遠くなります。

立地は妥協しまくっている上、

今まで住んだこともない土地です。

でも……
どうっっっっしてもマイホームが欲しい!!

まらをは決断しました。

まらを
まらを

買付しましょう

鴻巣の2件のうち、
コンビニがより近くて庭が若干広い方を選ぶことにしました。

ここから怒涛の事務手続きに入っていくわけです。

内見後に「この物件が欲しい!」となった後行うのは

  1. 買付をする
  2. 価格交渉
  3. 融資(住宅ローン)の申し込み

になります。

ここからは不動産屋でないと手続きが行えませんので、
師匠の行きつけ(?)の不動産屋さんへと向かいます。

神奈川から埼玉に行って最終的に東京へ。
もはやちょっとした旅行です。

買付申込書の提出。しかし……

その不動産屋さんと師匠は付き合いが長いようで、
ほとんどの物件の仲介を担当しているそうです。

どんな人かな〜と思いつつ不動産屋さんに訪れると
にこやかに出迎えてくれました。

不動さん
不動さん

どうも〜!はじめまして〜!

わあ、優しそうな女の人だ。まらを安心。
この方は今後、不動さん(仮称)としておきます。

軽く挨拶を済ませ、早速買付申込書を送ってもらうことに。

しかしここでまさかの事態が発生。

「買付送りましたよ〜」と売主さんに電話をする不動さんの顔が強張ります。

電話が終わるなり衝撃の一言。

不動さん
不動さん

横槍で購入されちゃったみたいです……

え、そんなことある?と一同騒然笑

どういうことかと言いますと……
買付を行い売主さんからの了承が得られると、
その物件は仮押さえということで他の買主さんには紹介されなくなります。

問い合わせが入っても「もう買付が入っちゃってまして〜」と断わるんでしょうね。
で、その間にローンを通して、購入に進みます。

ですが今回、僅差で「購入」されてしまいました。
買付ではないです、購入です。
まらをたちが家を仮押さえするちょっと前に家が売れたわけです。

これはよくあるパターンらしく、
既に融資の審査が下りている状態だったり、
キャッシュで購入する場合は、
買付をすっ飛ばしていきなり買えちゃうんですね。

鴻巣からえっちらおっちら都内に向かっている間での出来事だったようです。

つまり買付を行おうと思っていた物件は
もう諦めるしかなくなってしまったのです……!

さあ、どうなるまらを。
マイホームの夢が遠のいてしm

師匠
師匠

実は言ってなかったんだけど、もう1件良さそうなのがあってさぁ

師匠……!!

言えよ……!!!!!

(4)に続く!

タイトルとURLをコピーしました